テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場

寝耳に日刊ラジオレビュー 2021年9月22日(水)号~MJのアミダクジ式トーク術~

水曜ラジオ

【聴いた番組】

『TOKYO SPEAKEASY』(TOKYO FMみうらじゅんいとうせいこう

『24時のハコ』(TBSラジオ滝音

『#むかいの喋り方』(CBCラジオ

『TOKYO SPEAKEASY』に、『ザ・スライドショー』や『見仏記』でお馴染みのみうらじゅんいとうせいこう(MJ)が降臨。

脱線に次ぐ脱線を繰り返しながら進んでいく、まるで連想ゲームのようなめくるめく話題の展開は、いつもの二人の会話でありながらも、近年いとうせいこうが傾倒している作家・後藤明生が提唱した「アミダクジ式」文体を思わせる。

テレビで求められる話術が、どんどん短時間で「まとめる力」へと傾いているいっぽうで、このような思いつくままに「散らかす力」はラジオでこそ発揮される。そこには圧倒的な自由がある。

お試し枠『24時のハコ』(TBSラジオ)の滝音は、次回が最終回。

やはり「ベイビーワード」のコーナーが面白い。単に新しい言葉を生み出すというだけでなく、フリとオチをセットで発明しなければならない点が、やや高度で投稿のハードルを上げているが、それに応える秀逸な投稿の数々。

コーナーが職人を育てることも、また職人がコーナーを育てることもあるのが、ラジオにおけるコーナーの醍醐味であるかもしれない。