テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場

映画評

『R100』/松本人志

前二作(『さや侍』『しんぼる』)の出来と今作の前評判の悪さに覚悟を決めて行ったら、「意外と悪くない」と思えた。もしもそういう逆方向への前フリが効いていなかったらどう感じたのだろうと考えてみても、もう先入観のない状態に戻ることはできない。た…

『さや侍』/松本人志

前二作の反省を生かしたがために、非常に中途半端な作品になってしまった、というのが第一の印象。反省というのは、もちろんしないよりはしたほうがいいのだが、問題はどの方向からの批判に耳を傾けるのかということ。松本人志ほどの有名人ともなれば、批判…

『しんぼる』/松本人志

明らかにあらゆる面において、前作『大日本人』を大きく下まわる内容。『大日本人』が順当に松本の平均点を刻んだ作品であったため、よもやそれ以下のものが繰り出されてくるとは、正直思っていなかった。 「ベタ」と「シュール」、その一挙両得を狙った作風…

『大日本人』/松本人志

評価軸を「映画」に置くか「笑い」に置くかで評価が真っ二つに分かれる作品。 世に蔓延している評価は、「そこそこ面白いけど映画としてはどうか?」「テレビでやる分にはいいけど金を払って観るとなると疑問」といったものが多い。 実際、僕の隣に座ってい…